ニキビは毛穴の炎症です

ニキビには段階があって、通常、「白ニキビ」→「黒ニキビ」→「赤ニキビ」→「黄ニキビ」と段々悪化していきます。この赤ニキビというのは、毛穴がふさがって皮脂が出られなくなり、毛穴の内側でで炎症が起きて痛みを生じた状態です。

 

この赤ニキビがさらに悪化して黄ニキビになってしまうと、ニキビ跡になることもあり治療するのに時間がかかったりと、大変苦労してしまいます。なので、そうなる前にこの赤ニキビの状態でキチンとケアしていくことが重要です。

にきびは毛穴の詰まりが原因

にきびを改善していくためにも、予防をしていくためにも、大切なのは皮膚の毛穴の詰まりをなくして、清潔な状態にしていくことです。詰まってしまった皮脂や角栓は、そのまま放置すると酸化していきます。これでは肌荒れに拍車をかけてしまうこととなります。

 

これらの皮脂を栄養として、元気に繁殖するのが、アクネ桿菌という細菌たちです。正常な皮膚にもアクネ桿菌は存在はしています。ですが、肌のコンディションが乱れてしまうと、肌ダメージともなるにきびを、増やす引き金にもなります。

 

最初は白い目立たない状態も、悪化していくと内部で炎症を起こして、白から赤い状態へと変わっていきます。段階的には、白から黒になって、赤くなり最終的には黄色くなるというステップがあります。

 

白い色の段階でケアをすることで、最終的な黄色い段階までいかなくても済みます。

 

気になったとしても、ニキビを触るとか、潰すといった行為は控えることです。余計に炎症がひどくなることがありますし、無理に潰したために、跡が残ることも考えられます。

 

ニキビが気になるからといって、1日のうちに何回も、強い洗浄力の洗顔フォームで顔を洗うのも、逆効果になります。