にきび 毛穴 ケア

ニキビは毛穴の炎症です

ニキビには段階があって、通常、「白ニキビ」→「黒ニキビ」→「赤ニキビ」→「黄ニキビ」と段々悪化していきます。この赤ニキビというのは毛穴がふさがって皮脂が出られなくなり、毛穴の内側でで炎症が起きて痛みを生じた状態です。

 

この赤ニキビがさらに悪化して「黄ニキビ」になってしまうとニキビ跡になることもあり、治療するのに時間がかかったりして大変苦労します。なので、そうなる前に赤ニキビの状態でケアしていくことが重要です。

にきびは毛穴の詰まりが原因

にきびを改善していくためにも、予防をしていくためにも、大切なのは皮膚の毛穴の詰まりをなくして、清潔な状態にしていくことです。詰まってしまった皮脂や角栓は、そのまま放置すると酸化していきます。これでは肌荒れに拍車をかけてしまうこととなります。

 

これらの皮脂を栄養として、元気に繁殖するのが、アクネ桿菌という細菌たちです。正常な皮膚にもアクネ桿菌は存在はしています。ですが、肌のコンディションが乱れてしまうと、肌ダメージともなるにきびを、増やす引き金にもなります。

 

最初は白い目立たない状態も、悪化していくと内部で炎症を起こして、白から赤い状態へと変わっていきます。段階的には、白から黒になって、赤くなり最終的には黄色くなるというステップがあります。

 

白い色の段階でケアをすることで、最終的な黄色い段階までいかなくても済みます。

 

気になったとしても、ニキビを触るとか、潰すといった行為は控えることです。余計に炎症がひどくなることがありますし、無理に潰したために、跡が残ることも考えられます。

 

ニキビが気になるからといって、1日のうちに何回も、強い洗浄力の洗顔フォームで顔を洗うのも、逆効果になります。

にきびは王道の方法で改善を

にきびを治していくのであれば、無理な肌への負担はかけないで、王道の地道なケアでの対応が、肌にも優しい改善方法となります。

 

毛穴はスッキリと、清潔な状態を維持させるのが重要ポイントです。

 

毎日の洗顔は正しく行い、そのあとには保湿を丁寧にしてあげることです。ダイエットにしてもそうですが、肌の改善にしても、王道に勝る道はありません。

 

肌の改善には、皮膚のターンオーバーとの兼ね合いもありますから、即日で赤ちゃん肌になるものではありません。しかし、丁寧な洗顔や保湿のお手入れをしていくと、ニキビ肌であったとしても、数日から数ヶ月も継続していくと、肌はキチンと応えてくれます。

 

洗顔は朝と夜の2回行うようにして、洗顔フォームを使うのは夜の1回だけで構わないです。

 

丁寧な洗顔をすると、毛穴汚れはリセットされて、肌は清潔な状態になります。そこへローションで水分を補給して、エッセンスなどで美容成分を加えてあげましょう。

 

こういった保湿のケアとともに、乱れがちなライフサイクルを改善していくことです。夜型であれば、早めに眠るようにして、朝は早く起きるといいです。睡眠をしっかりとり、栄養のバランスにも関心を高めることです。

ニキビが出来た後によくあるのが肌がくぼんでしまうクレーターや肌の黒ずみといった悩みです。クレーターのトラブルは専門の医療機関である皮膚科で診てもらわないと取り除くことはできませんが、肌の黒ずみの問題は美白化粧品によって少しずつ薄くするという方法もあるのです。私のニキビケア方法は、どれほど眠くてもメイクは絶対に落として眠ることです。メーキャップすることにより、お肌への影響が大きいと思うので、お肌を休憩させてあげたいのです。メイク落としにも配慮しています。オイルで落とすタイプやシートで拭うタイプなど数々のものを試してきましたが、ミルクタイプのメイク落としがお肌に優しいと思いました。ご存知かもしれませんが、ニキビはアクネ菌のせいでできるので、メイク用のスポンジやフェイスタオルなどを他の人と共有したり、肌に直接触れてそのまま洗わないで放っておくと、ニキビの原因であるアクネ菌がうつる可能性も少なくありません。また、手で自分のニキビを触って、顔の他の部分に触れると、そこにもニキビができる可能性があります。ニキビに使用する薬は、様々あります。当然ながら、専用のニキビ薬の方が効きます。しかし、軽いニキビなら、オロナインを使う事も可能です。ちゃんと、効能・効果の所にやけどや吹出物、ひび等と並び、書いてあります。ニキビが出来てしまうと気分が落ち込みます。でも、実はお肌の調子って内臓の調子と結びついているらしいので、お腹の中の環境を整えたら、結構きれいになくなってくれます。快便生活を始めるためにキウイフルーツなどの食物繊維が多いものを食べて、いらないものを体外へ出していったら、吹き出物も消えてなくなります。